カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
掲示版

積み立てにも資産運用として、色々な投資があると思います。
単純に現金を積み立てする事も良いと思いますが、価値が明確な積み立ても一つです。
資産運用のためと考えての投資ならば、少しリスクを覚悟して積み立てとは違った投資で、資産運用をする事も良い考えです。
けれど、少しずつ着実に、また時には自分の思い出の品にかえる事を考えならば、「純金積立」は良いと思います。
純金積立は、色々な会社が商品として販売しています。
純金積立とは、最小限の投資額を1,000円位から言葉の通り金属の「金」を毎月契約した金額を買う事です。
積立の資産運用なので、投資金額が少なければ、ゆっくりと楽しんでゆけると思います。
毎月、金を買う事は、同じ金の重さを買い続けると言う事ではないのです。

その時の金相場で、金を買い付ける量は変わります。が、形の残る資産運用です。
金に投資しているので、純金積立の表示は、金の量が示されます。
確かに、相場が高い時はなかなか増えませんが、目的を持って純金積立をするので契約時に自分の出せる金額契約する事は大切ですし、資産運用とは言え自分にとってぎりぎりの設定は、純金積立とはいえ厳禁です。
必ず、自分に無理のない範囲で契約をします。
純金積立満期時には、形として自分で持つ事も、形を変えてアクセサリーにして楽しむ事も、金額によっては家族に譲渡も出来ます。
金相場は変動があっても「金」である意味は変わりませんのでその後は、自身で「金」を自由に資産運用出来ます。

金の投資

雇用情勢や賃金などが不安定に状態にある現代社会において資産運用は自分の財産を守る為の一つの方法であると言えます。
一言に資産運用と言っても銀行に預けるのか株式などに投資するのか純金積立をするのかなど色々な方法があります。
これらはすべてにメリットもあればデメリットもあります。しかし純金積立も投資もうまい事資産運用すれば元金を大きく増やす事も可能です。

純金積立の場合は金の相場によって実物資産の価値が大きく変わって来ます。
純金の値段は年々上がってきているので今を見ると純金積立は有効な資産運用であると言えます。
ただし将来値段が上がり続けるとは限らないので、日々新しい情報収集を行い相場の金額を把握しておくことが必要になってきます。
もし相場の値段が下がり続けるようであれば一度すべて売り払った上で現金で保管しておけば、大きな損をする事もなく差額分が儲けとして自分の手元に現金として残る事になります。
株式などの投資ですがこちらも株価は日々値上がりを続けているので株式投資も有効な資産運用であると言えます。
株式の場合はどこの会社の株を保有するかが重要なカギになって来ます。
もちろんその会社の業績も株価に大きな影響を与えますが、株に対する信用度が低ければいくら業績が良くても株価は上がらない為少々見極めは難しいです。
時には思わぬところで株価が大きく上がる事があります。
それは世間を大きく動かすキーワードに関連した会社の株価は一時的に大きく値上がりする事があります。
世の中のニュースを常に先取りしてそれらを予想してうまい事買った上で売り抜ければ、短期間で大きく利益を上げる事も可能です。